なぜ人妻系の風俗店ってこんなに多いの?

池袋のみならず全国的に見ても「人妻系」の風俗店は多く、おそらくですが何処の地方にいっても存在していると言ってもいいでしょう。

そこで今回は「なぜ人妻系の風俗店ってこんなに多いの?」に関して書いていきます!

 

「人妻系」はどうしてこんなに多いのか

さて、どうしてこんなにも全国的に人妻系風俗店が多いのかと言うと、理由は大きく分けて2つございます。

 

  • 風俗で働いていた女性の年齢が上がり「人妻系」へスライドした
  • 30代や40代になって初めて風俗店で働き始めた、という方が多い

 

という事が言われております。

 

風俗店で働いていた20代の女性がそのまま勤務を続け、30代になりスライドすることがございます。

ですが多くは20代後半で風俗を卒業する方が多く、目標を達成して退店されるケースがほとんどですが、

風俗店を辞めようと思っても「高収入」と「時間に融通が利く」面を考慮するとなかなか辞められずに、勤務を続けて気づけば30代なんて方もいらっしゃるようです。

 

もう一つの理由としては、離婚です。日本の離婚件数は年々上昇傾向にあり、その中でも30代~60代のご夫婦が離婚されるケースが非常に多いのが特徴です。

30代~60代で離婚された方の中で最も多いのが、今まで夫の収入で生活していた方です。

 

その方が、「明日から働かなければいけない」となった時、年齢の問題や今まで働いた経験が少ない等が原因でなかなか働き先が決まらないケースもあります。

また、働き先が見つかったとしても夫の収入で生活していた水準より下回った生活になってしまう場合が多く、貧しい気持ちで生活をすることになります。

 

一度上がった生活水準を下げるのは非常に難しく、適応するにも我慢等が必要で精神的に厳しい状況になります。多くの方は生活水準を下げた状況に我慢ができないかと思われます。

そんな状況の中で、風俗店は生活水準を戻す、または高める為には非常に優秀な働き先なのです。

風俗店では高収入、自由出勤が基本的でのこの2つの魅力が非常に強いため、離婚後に風俗店で働く女性が多くなるのです。

 

 

「人妻系」ってどの年齢層に需要があるのか

人妻系と呼ばれるのは基本的に20代後半から40代前半を指しますが、その女性の年齢層同じ年代の男性が利用しています。

主には30代半ばから50代前半の男性が利用しており、このことから若い女性が中心に在籍している風俗店よりも、

同じ年代の女性を求めて人妻系の風俗店を利用している男性が多いことがわかります。

 

実はこの人妻系というジャンルは意外と20代半ばの男性にも密かに人気を集めているジャンルなのです。

「年上好き」や「熟女好き」という言葉がここ数年で聞くようになったかと思いますが、年上の女性に甘えたい男性が多いということもわかってきました。

 

ただ現代の20代男性は風俗を利用しない方が多く、風俗離れが進んでいる世代となります。

その中でも風俗を利用する男性はいますが、風俗を利用しない方と比べると圧倒的に少ないのが実情です。

 

まとめ

人妻というのは風俗業界の中でも王道のジャンルとして君臨しておりますが、本当にどこのエリアに行っても人妻系を見ないところはないです。

それだけ全国的に需要があるのは間違いないですし、逆に女性側からすれば風俗店で働けば年齢に関係なく稼げるということです。

 

これだけ利用者の多いジャンルですから、各エリアの人気店に在籍出来れば安定した高収入も得られるのではないでしょうか。

当店も池袋エリアで長年運営を続けておりますので、少しは名の知れた店舗だと自負しております。

 

求人情報をよくご確認頂き、少しでも興味をお持ちになりましたら是非一度、ご相談ください。