池袋で格安/激安店が多いワケ

お財布に優しい低価格な風俗店は多くのユーザーから大変人気があります。

そこで今回は格安/激安風俗店が多いワケについて書いていきたいと思います。

 

激戦区の池袋だからこそ削っていくのは価格しかない

池袋といえば、都内でも屈指の繁華街なのはもうこのブログを読んでる方はご存知ですよね。

観光地としても日本有数のプレイスポットで、人々が多く集まりますし、ビル街も多いので、ビジネスマンも多く行き交う街ですが、

風俗に関しても日本有数の場所として有名で、店舗の数も非常に多く、ジャンルも幅広く対応しています。

 

そして、その中でも人気があるのが格安/激安風俗店なのです。

安い料金でエッチなことが出来るのは本当に庶民からしたら助かります。一回の利用料金が1万円以内だったり、本当に助かってます。

 

ですが、なぜ池袋には格安/激安風俗店が多いのかと言うと、競争が激しい場所だと、まず削られがちなのが価格です。

価格を安く抑えてサービスを提供することで、お客さんが多く訪れるようになります。物を購入する時には最安値の販売店を見つけて出来るだけ安く買おうとしますよね。

風俗業界でも同じ様なことがあり、価格の安い風俗店は人が集まりやすいのです。

 

そして、1つの店舗が格安/激安風俗店を始めればそのまわりの店舗も、安さを求めてやってくるお客さんに対応すべく、価格を下げて競合してきます。

その波が広がり少しずつ、格安/激安風俗店が増えてきているのです。

 

安いだけではダメ。次に繋がるサービスが肝心

ただ値段が安いというだけでは、ユーザーも満足度も満たされず次回の利用される事はまずないです。安い中にもしっかりしたサービスが無ければ次に繋がることはないのです。

もちろん女性のルックスも重要になり、ユーザーを満足させられる女性がいなければなかなか難しいサービスでもあるのです。

 

しかし、池袋の格安/激安風俗店は女性のルックスやサービスの質が高いのが池袋の特徴です。

なんと言っても東京都は全国から人々が集まってくる場所で、特に池袋は人口の多い街ですので、女性のレベルが高くなります。

実際のところ、地方では高級店に勤務していてもおかしくない女性が格安/激安風俗店に在籍しているケースも多々あります。

 

では何故、格安/激安風俗店がメインになれないのか

池袋には元々古くから運営されている風俗店が多く、そのような店舗には多くの固定客が付いています。

固定客の方は他の店舗を利用することは珍しく、決まってその店舗を利用する傾向が強く他店舗を利用する機会がありません。

そういった事もあって、「池袋なら格安/激安風俗店」という印象がつかないのではないかと考えられます。

 

その他にも格安/激安風俗店は運営を続けていくのは難しいと言われています。

その理由としては、人気の女性が集まらない、というものです。人気の女性というものはサービスも宛らルックスも良く多くの指名を頂けます。

ですが、格安/激安風俗店ではお客様1名から得られる金額は、他の一般的な料金の風俗店に比べると少なく、そのため女性へのバックも少ないのです。

そうなると、働き手である女性はもっと高収入な店舗で働きたいと思ってしまい、格安/激安風俗店には定着しないのです。

 

ですので、必然的に格安/激安風俗店では人気の女性は定着しないが、人気のない女性は在籍し続ける悪循環を生みます。

そうなってしまうと、店舗の売上は疎か女性への給与も渡すことが出来ません。そして最終的には閉店する、という流れをたどる店舗が非常に多く見受けられます。

 

風俗業種の中でも格安/激安風俗店は運営の難易度は高いものだと考えられますが、

女性の給与に比重を重くすれば、店舗スタッフの方の取り分は少なくなってしまいますが運営は続けていけるのでは…と考えておりますが、

そんな簡単なことではないのだろうなとも思えます。

 

今現在でも長くう運営されている風俗店は秀でているものがあるから、運営ができているのであって、

今後、新規参入する店舗や格安/激安風俗店はその良さを盗んで運営をしていくのも一つの手ではないでしょうか。