風俗を利用するお客様が好む女性像

どうもです!

接客って奥が深いですよね。お客様が今何を求めているのか、どういう言葉をかけてあげれば良いのか等、敷居の高いお店ほど接客サービスのレベルは高くなります。

察しと思いやり、これが出来る方は接客業界で働いたとしても上手くいくんだなぁと思いました。

 

さて、今回のテーマは「風俗を利用するお客様が好む女性像」です。

前回では【改めて確認!】デリヘルで働いた場合で接客について少し話しましたが、今回はお客様から好かれる方法を書いてまいります。

 

 

接客の基本:①笑顔

接客業界で基本中の基本というのは「笑顔」と「言葉遣い」です。

笑顔は色んな人に安心感を与えるだけでなく、こちらも何だか幸せな気分にさせてくれますよね。

また笑顔には伝染効果があり、赤ちゃんに笑顔を見せると笑い返してくれることがあります。

 

これは自分に対して笑顔を見せる人は本能的に味方だと思って幸福感を得ることが出来ます。

また人の笑顔を見ると幸福感が刺激され、自分も自然と笑顔になってしまうのです。なので、接客業で笑顔は基本であり最も重要なピースでも有るのです。

 

 

接客の基本:②言葉遣い

次に言葉遣いです。まず接客業の前にビジネスに置いて言葉遣い程、重要なものはないでしょう。

例えば風俗店で働いている女性が利用客に「◯◯◯のオプションをお願いできる?」と聞かれた際、貴女ならどうお答えしますか?

 

「すみません。こちらはご利用頂けません。」とだけお伝えしてサラッと断るのか。

「すみません。こちらはご利用頂けません。ですが、こちらのオプションであればご利用頂けます。」等、単にお断りをするのではなく、

上記のように「これは出来ないけど、こっちは出来るよ」のニュアンスように前向きな返答をするほうがお客様にも「ちゃんとしているなぁ」と思われるかもしれません。

 

ですので、言葉遣いの中で前向きな返答というのは多くの方に好感や関心を持たれるのです。

 

次に重要なのが「話し方」です。

話し方の部分では生まれ育った場所や環境に大きく左右されるので、今から直せと言われてもなかなか難しい部分ではございます。

ですが意識次第で改善することは可能ですのでお仕事をしながら直していく事もできます。

 

さて「話し方」についてですが、その話し方だけでその人の印象が変わります。

悪い印象を持たれる話し方の代表的なものは「タメ口」です。親しい友人や恋人や家族であれば問題ないのですが、

目上の方やお客様へはタメ口は厳禁です。

 

敬語で話す事によって相手を敬い、謙遜した印象を与えることが出来ます。

この敬語が出来ていないとお客様どころか様々な人にいい印象を持たれないかも知れませんので敬語はしっかり使えるようにした方が良いでしょう。

 

 

まとめ

笑顔が多い人の周りにはなぜか人が多く集まりますよね。またそういった方は友好関係も広く、多くの人に慕われている印象を受けます。

また敬語をしっかり話せている方は非常に礼儀正しい印象を受けますし、お固いイメージを抱かれ立ちですが悪い気はしません。

むしろ真面目な印象を受けますので、これはこれで好印象を受けます。

 

つまり、風俗業界でも笑顔もちゃんと見られて敬語もしっかりしている女性が好まれるということなのです。

風俗業界はお客様との距離が非常に近く、1対1で話す機会しかない業界でございます。

 

ですので、その分接客対応中の笑顔や言葉遣いは普段よりも評価されやすいので、

しっかりした対応をすればそれだけ良い評価を受けやすいということになります。